【お母様 Q&A】

【リトミッククラス】

【Q】 子どもがまだ小さいので、ぐずった時はどうしたらいいですか?

【A】まだ小さく自分の気持ちを言葉で表現できないお子様は、空腹時や眠たいなど生理的欲求が満たされていない時も当然あると思います。講師自身も幼児二人を育てておりますので、とても気持ちが分かります。そんな時には、お母様が子どもさんの気持ちを聞いてあげたり、どうしても気持ちが切り替わらない場合は、一旦レッスン室を出るなどお母様の判断でお子様の気持ちを満たしてあげましょう。

 

【Q】誕生日が3月で早生まれのため、4月生まれのお友達と1年の成長に開きがあり、レッスンを一緒に受けられるか心配です。

【A】音花では、リトミックのグループレッスンを学齢(保育園・幼稚園のように)で分けています。それには理由があります。月齢が低いお友達は月齢が高いお友達を見て刺激を受け、自分のとる行動を学びます。1歩社会に出る前に、お母様との絶対的安心感のもと、まずは人的環境や物的環境に慣れていきます。いろんな月齢が違うお友達と時間を一緒に過ごすのはとても大切です。

 

【Q】私が音楽に詳しくないので、他のお母様やレッスンについていけるかという心配があります。

【A】音楽に詳しくなくても、全然大丈夫です。まずはレッスンの雰囲気をお子様と一緒に楽しんでください。お歌も音程など気にせず、歌ってあげてください。お母さんの生の歌は、お子様にとっては1番の安心できるものです。

 

【Q】お友達と一緒に先生のお話を聞けるのか、集中してレッスンを受けられるのかが心配です。

【A】音花のリトミックグループレッスンでは、3歳児(年少)クラスまでお母様が同伴のレッスンになります。お母様や講師の適宜な声かけにより、社会ではこういう時にはこうするんだということを肌で感じ、目で見て、経験し学んでいきます。いろんな即時反応の活動を繰り返しすることで、集中力もどんどん付いていきます。

 

【ピアノコース、うたコースについて】

【Q】教材は何を使いますか?

【A】その子の年齢や、発達具合、今までの音楽(リトミック経験)があるのかなどを考慮しながら、その子にあった教材を選びます。昔は必ずバイエルを使っていましたが、今はいろんな教材がいろんな出版社から出ていますので様子を見ながら購入します。(例えば、ピアノ導入期のお子様はぴあのドリーム、サウンドツリー、ピアノがひけるよジュニア、ともだちピアノなど・・)

 

【Q】姉妹などで一緒にレッスンして欲しいのですが・・

【A】ピアノも歌コースも個人レッスン30分です。講師のスケジュールが1時間空きがあるところがありましたら2人で1時間レッスンをさせて頂いております。

 

【Q】以前、他の音楽教室でグループレッスンをしていたので、色々不安なのですが・・

【A】ご安心ください。まずは、その子が何をどこまで理解しているのか体験レッスンで講師が拝見させて頂きます。その後保護者様が何を最終目標になさっているのかご面談させていただき今後のレッスン計画を立てます。

 

【Q】とても慎重で引っ込み思案な子なので、楽しんで通えるのか心配です。

【A】お子様の様子を見させていただき、本人が知っていたり幼稚園保育園で経験したことのある曲を導入に体験レッスンを受けて頂きます。反応や様子を見ながらレッスンを発展させますので、どうぞ安心なさって、1度体験レッスンを受けて見て講師の雰囲気やレッスンの雰囲気を肌で体感してください。